商品の紹介

3Dの革新のおかげで、3Dニットウェアをカスタマイズすることも同様に可能です。スタートアップのShavatarによる独自のプログラムも同様に、New Industrial Orderが、3DスキャナーCを使用せずに、3Dニットウェアのフィットの精度を高めるのに役立ちました。最後になりましたが、社内の地元の製造業者による従業員の搾取などの定期的なトラブルもさらに解消されました。
3Dプリントされた衣服の難しさと将来の予測
3Dニットウェアが使用する多くの利点を説明した後、現在、ショップでまだ段階的に提供されていない理由についての問い合わせが続いています。既存の障害は何ですか?また、どのような機能強化を行う必要がありますか? 3Dで公開された衣料品、特に3Dニットウェアは、アパレル業界の未来になるのでしょうか?

製品が心配なだけでなく、3Dニットウェアを使用すると、設備が追加的に作成されるため、大幅なコスト削減が可能になります。1回のパスで、確実に使用されるストリングが必要になるため、多くの製造を排除できます。アクションだけでなく、多くの時間と価格を節約します。 Gihan Amarasiriwardenaは、この宣言を検証します。3Dプリントされたニットウェアでは、必要な素材だけが使用されます。
ニットウェアはオンデマンド生産であるため、過剰生産のオーバーフローや在庫も追加で回避できるため、製造上の問題が発生します。

前に指摘したように、この製品はおそらく最大のバリアCであるため、3Dニットウェアが採用されています。スタイル開発者のDanitPelegによるアイテムなど、3Dプリントされたアパレルを含む以前のタスクを詳しく見ると、選択肢が制限されていることがすぐに明らかになります。3Dプリンターに適した製品は、主にABDOMINALMUSCLEなどのプラスチックです。 、PLAまたは現在非常に目立つ、また非常に用途の広いTPU。再配置ストリングがいくつかの小さな針によって洗練される3D編み物とは異なり、3Dプリンターの押出機は同等のものを作成することはできません。

最後のものは、金利を明らかにするすべての人が3Dニットウェアのコードを利用できるようにするオペレーションを開発するというNew IndustrialOrderの目的を維持する必要があります。
これは、既存のニットメーカーの多くが原則である製造製造が市場の流れを完全に否定しているためです。循環製造価格の観点から、3Dニットウェアは市場の互換性が低下しているため、標準的な衣服では完成できません。

専門家は、3D印刷が将来、スタイル業界で確実により良い義務を果たすことを確信しており、また、独自の革新が確実にそれを変革すると強く考えています。
3Dプリントが出版されたと思いますか? 3D印刷の最新情報がすべて受信トレイに直接提供される、無料の定期的な電子ニュースレターの承認をお忘れなく!

3Dニットウェアの概念とその類似点、および3D印刷との違いを理解するには、最初に解釈に登場する必要があります。市場の専門家が3D織りのアイテムは、3D印刷を利用して製造されていないという意見に同意することはほとんど珍しくありませんが、代わりに、3D編み物はそれ自体が革新です。 3D電子編み物機器を販売するKniterateの創設者であり、最高経営責任者でもあるGerard Rubioは、彼の会社のメーカーに関する遵守と、製造アプローチに関連した3Dという言葉の使用を含みます。これらの機器は適格です。 3D編み物の。 Rosanne van der Meerは、3Dニットウェアと従来のニットウェアを明確に区別するために、アイテムに3D公開ニットウェアという用語を意図的に使用していると述べています。
3Dで公開されているアパレル、特に3Dニットウェアは、スタイルセクターの未来になるのでしょうか?

3D印刷と衣服の組み合わせが非常に難しいと思われる要因は、かなり単純です。3D印刷で使用される製品、主にプラスチックと鋼は、十分に適応できません。この問題に対処するために、一部のスタイルや3D愛好家は、実際には適切な代替案を検討しているだけでなく、必然的に1つの救済策である3Dニットウェアを開発しています。 3Dニットウェアは、近い将来、常連客向けのプレタポルテとして提供されますか?

これは依然としてデリケートなトピックであり、いくつかの企業が価値連鎖と製造技術を明確に維持しています。二酸化炭素の排気を劇的に強化する驚くほど長い輸送コースは、伝統的に生成された衣服の欠点を締めくくります。認識は製品の購入から始まります。すべてのアパレルの50%以上が合成繊維、一般的にはポリエステル、さらにナイロン、エラスタン、アクリルを使用して作成されていますが、これらは化石ガスから取得され、その結果生態系に悪影響を及ぼします。まったく新しい商業的アプローチでは、持続可能な方法で取得されたメリノウールを使用し、通常は人工繊維とは対照的にサイズの影響が小さいすべて天然繊維として使用します。

3Dニットウェアの概念とその類似点、および3D印刷との違いを認識するために、最初に解釈に登場する必要があります。供給省の創設者であり最高経営責任者でもあるGihanAmarasiriwardenaは、3Dプリントを次のように指定しています。3Dプリントでは、成形品(プラスチックなど)は、製品(人工または頻繁にプラスチック)の層を含めることによって作成されます。提供されている電子スタイルが公開されています。
生産製造3Dニットウェア
3D織り素材の製造手順は、他のさまざまな3Dのものにかなり匹敵します。使用されるデバイスは、ニットウェアと一般的な3Dプリントが分かれる場所です。アディティブプロダクションとの主な違いは、メーカーが押出機でフィラメントやパウダーを精製する3Dプリンターではなく、ストリングごとに統合することで1つのパスで3次元の衣服を生成できる織り装置ではないことです。

セクターの専門家が3D織り製品が3D印刷を利用して製造されていないと主張することに同意することはめったに衝撃的ではありませんが、代わりに3D編み物はそれ自体が革新です。創設者であり、3D電子編み物メーカーを提供する会社であるKniterateの最高経営責任者であるGerard Rubioは、彼のビジネスメーカーに関する遵守と、製造アプローチに関連した3Dという言葉の使用法を含みます。これらのデバイス3D編みの資格があります。
従来のファブリック製造とは対照的
3Dニットウェアと3D印刷の違いや類似点が実際に詳細に説明されているため、通常の衣服に3Dニットウェアを選択する必要があるかどうか、またそうであれば、なぜ選択する必要があるのか​​という疑問が残ります。これに実際的な対応を提供するために、標準的なファブリック製造は、最初にはるかに綿密にチェックアウトする必要があります。