商品の紹介

腕のバンドや指輪がすべての男性の欲望のチェックリストに載っている可能性はほとんどありませんが、カフスボタンは通常、男性が時計や結婚式のイベントバンドやシグネットリングを強化するために身に付けることができる唯一の貴重なジュエリーと見なされています。過去20年間、このバージョンは実際にはすぐに利用できませんでしたが、今年の初めには、これらの失うことのできないスマートなカフリンクスがカルティエコレクションに戻ってきました。 7 x 4.5 mm(ヘッド)と5 x 22.5 mm(ロック)のカフリンクスをカルティエのコレクションに戻すと、本物の所有物が生まれます。
1980年代のカルティエのパシャカフリンクスは素晴らしい素晴らしいインスタンスでした
銀と翡翠の竹のリンクのウェブリンクは、残念ながらカルティエのカフリンクスコレクションで短い短いものであり続け、現在はオークションに公開されています

7 x 4.5 mm(頭)と5 x 22.5 mm(岩)を決定するこれらのカフリンクスをカルティエのコレクションに戻すと、実際の特性が生まれます。私の目には、これらは非常に目立たないカフスボタンのコレクションなど、男性にとって不可欠です。
1980年代:カルティエトリニティと愛
1985年頃、トリニティやラブラインなどのラップアラウンドカフリンクスが非常に人気になりました。


これらのWebリンクは、カフを歩き回る手段がかなり目を引くだけでなく珍しいため、一般的に会話の初心者になります。最近発表されたピンクまたはイエローゴールドのジャストアンクロウカフリンクスがこの習慣を進めています。
私の見解では、カフスボタンはそれほど厄介なものであってはなりません。彼らがいるとき、彼らは見た目が手頃なものになり始め、それは誤読されます。また、優れたカフリンクスのセットにとって重要であることがわかったのはCであり、これはCを見つけるのが常に簡単ではなく、両側で優れているように見えます。
その点で、カルティエは実際には常にコレクションでパックをリードしてきましたが、スタイルの観点からは、競合他社はそれほど多くありませんでした。それにもかかわらず、今日では、高品質は実際には量を上回っており、ラメゾンでは典型的なオプションが実際に同様に現れています。

1980年代のカルティエのパシャカフリンクスは素晴らしい素晴らしいインスタンスでした
シルバーとジェイドのバンブーリンクのウェブリンクは、残念ながらカルティエのカフリンクスコレクションで短いものでしたが、現在、発見されたオークションを見つけることができます。パブリックオークション
非常に安価な自慢のフラウンティングヘッドデコレーションデコレーションパラジウムコーティングスターリングシルバー、そしてブラック環境にやさしい、そして現在の存在から環境にやさしいのは私の意見では必須です
または、もう少し投資したい場合は、ツァボライトの目、黒いラッカーの鼻、黒いオニキスのハーフビーズを備えたイエローゴールドのより大きなバリエーションがさらに素晴らしいです。


これらのレイアウトは、1933年に高級ジュエリーのスーパーバイザーであるJeanne Toussaintによって設定されたパンサースタイルに接続しています。これらのパンサーヘッドはアート作品であるという事実に加えて、コンパニオンCのパンサーウォッチと同様に優れたスーツを作ります。 1980年代からのこの壮大な時計の男性のバリエーションをまだ待っています。
ショートッパーは間違いなく、ルビー、2つのエメラルドアイ、オニキスのノーズ、そしてブラックオニキスの50パーセントのグレインで確立されたロジウムメッキの18カラットゴールドのパントレです。これらの手順は9x 12 x 15mmです。


これらのウェブリンクはおそらく会社の会議に同行するものではありませんが、親密な個人的な夕食からチャリティーガラや結婚式のお祝いイベントまで、あらゆる種類の陽気なイベントで間違いなく脚光を浴びることになります。
クリスマスや新年のイベントは、カフスボタンを着用するのに最高の時間ですが、これらの小さなデバイス、特に費用対効果の高いシルバーのバリエーションは、私の観点からは本当に日常の服から来るはずです。 。

カルティエのカフリンクスと時計:個性的なタッチのクラス
本当に初期の頃を考えると、ファッションジュエリーや時計以外のカルティエのタフさの中でも、実際には男性向けのデバイスでした。カフリンクスは実際には1859年までカルティエの文書に登場しています。
これらのデバイスは、今日でも紳士のクローゼットに不可欠であり、カルティエスタイルのアーカイブ全体に散らばっている多くのイラストに配置できます。重さが少ない、タバコの箱、指輪、腕のバンド、ペンなど、他のさまざまなデバイスとほとんど同じです。
腕のバンドや指輪がすべての男性の欲しいものリストに載っている可能性はほとんどありませんが、カフスボタンは一般に、男性が時計や結婚式のお祝いのバンドやシグネットリングと一緒に使用できる唯一の貴重なジュエリーと見なされています。つながりが徐々にスタイルを空けていくにつれて、職場でも、ますます多くの人が素晴らしいTシャツを着て試合をするが、つながりがないように見えます。これは、接続クリップも同様に外れていることを示しています。
事実上謎であるため、このカフスボタンが男性が自分自身を共有するための明確な方法としてはるかに目立つようになっているようです。同様に、男性は通常、さまざまなイベントを期待することが多いので、カフスボタンはまったく同じコースに準拠しています。特にカフリンクスを時計に合わせると、個性的なタッチで高度な外観を実現します。
カフスボタンの間にある適切なスーツを見つけて、それを見てみたいと思います。
1960年代から現在まで:カルティエサントスデイリーステートオブマインド
カルティエは、コレクションに素敵なクロージャーを備えた巧妙なスタイルを提供することに通常関心を持っているジュエリーの専門家であり、ロンドンのニューボンドロードにあるフロントランナーストアには、ヨーロッパで最大の設備の整ったコレクションが常にありました。
これらのスタッドは18金のホワイトゴールドまたはイエローゴールドで作られ、バーはすぐに入手できる翡翠、マラカイト、ラピスラズリ、金、鋼、ガラスなどがありました。過去20年間、このデザインは実際にはすぐに利用できませんでしたが、今年以前は、これらの失うことのできないスマートなカフリンクスがカルティエコレクションに戻ってきました。