商品の紹介

カルティエのカフリンクスと時計:個性的なタッチのクラス
その本当に初期の年を考えると、ファッションジュエリーや時計以外のカルティエのスタミナの中で、実際には非常に男性のためのデバイスでした。カフリンクスは実際には1859年までカルティエの文書に登場しています。
これらのデバイスは、今日でも紳士のクローゼットにとって重要ですが、カルティエのレイアウトアーカイブ全体に散らばっている多数のイラストで見つけることができます。ライター、シガレットボックス、アームバンド、ペン、リングなど、他のさまざまなデバイスと同じように。
腕のバンドや指輪がすべての男性の欲しいものリストに載っている可能性はほとんどありませんが、カフスボタンは一般に、男性が時計や結婚式のお祝いのバンドやシグネットリングと一緒に使用できる唯一の貴重なジュエリーと見なされています。接続が徐々にスタイルを空けているので、職場でも、接続がないにもかかわらず、優れたTシャツを着る人がますます増えているようです。これは、接続クリップも同様に外れていることを示しています。
事実上謎ですが、このカフスボタンの結果として、男性が自分自身を共有するための明確な手段としてはるかに好まれるようになっているようです。同様に、男性は通常、さまざまなお祝いを何度も探しているので、カフスボタンはまったく同じコースに準拠しています。特にカフリンクスを時計と合わせると、完全に個性的なタッチで高度な外観を実現します。
カフスボタンと時計の間に適切なスーツを見つけることは、私がここで発見したいことです。
1960年代から現在まで:カルティエサントスデイリーステートオブマインド
カルティエは、コレクションに魅力的なクロージャーを備えた巧妙なレイアウトを提供することに一般的に関心のあるジュエリーの専門家であり、ロンドンのニューボンドロードにあるフロントランナーショップには、ヨーロッパで最大の設備の整ったコレクションが常にありました。
これらのスタッドは18金のホワイトゴールドまたはイエローゴールドで作られ、バーには翡翠、マラカイト、ラピスラズリ、金、鋼、ガラスなどが用意されていました。過去20年間、このデザインは実際には提供されていませんでしたが、今年の初めには、これらの失うことのできないスマートなカフリンクスがカルティエコレクションに戻ってきました。

7 x 4.5 mm(ヘッド)と5 x 22.5 mm(ロック)を決定するこれらのカフリンクスをカルティエのコレクションに戻すことで、本物の所有物が生まれます。私の目には、これらは非常に目立たないカフスボタンのコレクションなど、男性にとって不可欠です。
1980年代:カルティエトリニティと愛
1985年頃、トリニティやラブラインのようなラップアラウンドカフリンクスが信じられないほど人気になりました。


これらのWebリンクは、カフを歩き回る手段がかなり目を引くだけでなく、珍しいことを考えると、会話の初心者になることがよくあります。最近発表されたピンクゴールドまたはイエローゴールドのジャストウンクロウカフリンクスがこの練習を進めます。
私の見解では、カフスボタンも邪魔になるべきではありません。彼らがいるとき、彼らは経済的に見えることになり始め、それは誤読します。カフスボタンの素晴らしいセットに欠かせないのはCです。また、Cを見つけるのは必ずしも簡単ではなく、両側が見栄えがします。
その点で、カルティエは実際には常にコレクションでパックをリードしてきましたが、スタイルの観点からは、競合他社はそれほど多くありませんでした。それにもかかわらず、今日では、実際には高品質が量を上回っており、ラメゾンでも同様に一般的な救済策が実際にここで得られています。

1980年代のカルティエのパシャカフリンクスは素晴らしい優れたインスタンスでした
銀と翡翠の竹のリンクのウェブリンクは、悲しいことにカルティエのカフリンクスコレクションに短いままであり、現在発見されたオークションを見つけることができますパブリックオークション
非常に費用対効果の高い自慢の誇示の頭の装飾スタイルのパラジウムコーティングされたスターリングシルバー、そしてまた黒の環境にやさしい、そして現在の現在からの環境にやさしいのは私の意見では必須です
または、もう少し投資する準備ができている場合は、ツァボライトの目、黒いラッカーの鼻、黒いオニキスのハーフビーズを備えたイエローゴールドのより大きなバリエーションがさらに素晴らしいです。


これらのレイアウトは、1933年に高級ジュエリーのスーパーバイザーであるJeanne Toussaintによって設定されたパンサーモチーフに接続されています。これらのパンサーヘッドはアート作品であるという事実以外に、コンパニオンCのパンサーウォッチとの相性も抜群です。 1980年代からのこの壮大な時計のみんなのバリエーションをまだ待っているという事実。
ショートッパーは間違いなく、ルビー、2つのエメラルドアイ、オニキスのノーズ、そしてブラックオニキスの50%グレインで確立されたロジウムメッキの18金のパントレです。これらのアクションは9x 12 x 15mmです。


これらのウェブリンクは、サービス会議に同行するものではない可能性がありますが、親密な個人的な夕食からチャリティーガラや結婚式のお祝いイベントまで、あらゆる種類の楽しいお祝いで絶対に脚光を浴びることになります。
クリスマスや新年のイベントは、カフスボタンを使用するのに最高の時期ですが、これらの小さなデバイス、特に予算にやさしいシルバーのバリエーションは、私の観点からは本当に日常の服装から来る必要があります。
>
腕のバンドや指輪がすべての男性の欲望リストに載っている可能性はほとんどありませんが、カフスボタンは、男性が時計や結婚式のイベントバンドやシグネットリングを強化するために着用できる唯一のファッションジュエリーと見なされることがよくあります。過去20年間、このデザインは実際には提供されていませんでしたが、今年の初めには、これらの失うことのできないスマートなカフリンクスがカルティエコレクションに戻ってきました。 7 x 4.5 mm(頭)と5 x 22.5 mm(岩)を決定するこれらのカフリンクスをカルティエのコレクションに戻すと、本物の特性が生まれます。
1980年代のカルティエのパシャカフリンクスは素晴らしい素晴らしいものでした
銀と翡翠の竹のリンクのウェブリンクは、残念ながらカルティエのカフリンクスコレクションで短いものであり続け、現在、発見されたオークションを見つけることができます。